お金借りる方法

消費者金融でお金を借りることはそんなに怖くない

今の時代、法律が厳しくなり鬼のような取立てを行っているところはヤミ金以外無い。

消費者金融も商売なので、逮捕されたり、ネガティブなニュースが流れた時点で終わりだからだ。

だから、そんなに怖がることはない。普通にお金を借りて、普通にお金を返せば何にも害はない。

むしろ後で紹介するクレジットカードよりも利息が厳しくないところもある。

たとえば、プロミスやアコムがそうだ。この二社は30日以内に返せば無利息なので、実質タダでお金を借りているようなものだ。

このシステムは本当にありがたい。クレジットカードのキャッシング枠だと問答無用で利息をとられるからだ。

初心者がお金 借りるなら、まずはプロミスかアコムから借りることをオススメする。

クレジットカードでお金を借りると損する。

今の時代、誰でも持っているのがクレジットカード。このクレカでもキャッシング枠が使えることは知っていると思う。

これは確かに利便性があり、一番使いやすいかもしれない。だけど金利が上限金利いっぱいに設定されていることが多い。

つまり利息が高いのだ。これはあまりオススメしない。クレカはクレカの機能だけを使うことをオススメする。

親から借りるのはプライドが無ければOK

親はいつでもあなたの味方だ。子供は何歳になっても子供だからだ。あなたにプライドがなければお金を借りてみればいい。

きっと無利子で貸してくれるだろう。返済期間も無期限だろう。だが、ひとつだけ覚えておいてくれ。

「あなたに貸した分だけ、あなたの親のお金は減っていて、苦労しているということ」を。

大人になっても、親に苦労をかけることをなんとも思わないアホなら、ばどんどん借りればいいのではないか。

友人や知人の信頼と引き換えにお金を借りる

あなたの友人や知人にも優しい人はたくさんいるだろう。そんな人なら土下座して頼めばお金を貸してくれるかもしれない。

だが、友人や知人はあなたのことを信頼しなくなるだろう。「こいつはなんて金にダラしないんだ」「こんな自己管理ができない人間だったのか」てね。

とはいえ、急な事故などでお金が必要になってしまうこともある。そういう場合は正直に話して同情を得るしかないだろう。

この借り方もプライドや信頼関係をお金と交換しているようなものだ。お金より友情の方が大切か?よく考えてから決断するべきだろう。

国からお金を借りるのはアリなのか

いわゆる生活保護。これは今社会問題になっている。とはいえ、本当に病気や事故で働けなくて、身の回りの物を全て売っても食べていけないぐらい生活に困っているならばアリだろう。

そんな人の事を社会が批判するはずがない。そんなに小さい人間ばかりではない。ただもし、お金が無いくせに、住む家や仕事や食べ物や着る服にこだわっているバカが生活保護を申請してはいかんだろう。

われわれが苦しい思いをして払っている税金である。その税金を使っても怒られないぐらいの事(何でも仕事する、ボロアパートに住む、服は何でも着る、節約する)は当然すべきだろう。

それさえしていれば生活保護を受けることはアリなのではないだろうか。

お金を借りるならやはりキャッシングが一番

結局割り切ってお金を借りれるキャッシングが誰も傷つけず傷つけられない最善の方法なのではないだろうか。

今では銀行もカードローンというサービスをCMを使って、展開させているほどだ。

専業主婦でも借りれるカードローンがあるので、仕事をしていない主婦でも困ったときには頼りになるだろう。

とはいえ借りすぎには注意しないといけないし、当然返済する義務はあるので、生活が苦しいから借りればいいという問題ではない。

これからは物価も上昇し、ますます家計は苦しくなるわけで、副業をしたり、本業の給料をアップしてもらえるように会社に貢献するしか道は無い。

近い将来、ロボットが労働の大半を担うことになるので、単純作業の仕事はかなり減るだろう。

それまでに自分磨きを怠ってはいけない。給料をあげたければ自分を高めるしか道は無いのだから。